防犯カメラと監視カメラ

監視カメラの種類・実際にどのように役立っているのでしょうか?

2017年06月27日 18時11分

今は街中のあちらこちらに監視カメラがある社会だと言われます。
監視カメラがあるのですが、パッと見、カメラと認識することがありませんから、
私達はストレスを感じることはありません。
この記事では【監視カメラの種類と、どのように役立っているのでしょうか?】について詳しく解説します。
 
監視カメラの種類ですが、監視カメラと言っても犯罪を防ぐ目的で利用するタイプもあります。
空港・駅・駐車場・ショップ・道路などに設置している場合もあります。
人間が近づいて観察することが難しい活火山の活動を観察する監視カメラもあります。
ダムに蓄積している水量を確認したり、降水量を確認したりする記録目的の監視カメラもあります。
 
犯罪抑止を目的としている監視カメラは、ダミーカメラもあります。
あたかも「監視しているよ」と警告をイメージしているカメラがあります。
威圧感もあり防犯効果が期待できます。
 
最近のカメラは、そのシーンを映し出して記録するだけではないです。
動画はインターネットを通じて転送できるタイプもあります。
顔認証システムと連動させます。
空港などでは旅行者の顔をデーターベースで照合するのです。
 
高速道路では自動車のナンバープレートを自動的に読みとる場合もあります。
速度オーバーの自動車と特定するわけです。
これも監視カメラでチェックします。
 
いかがでしたでしょうか?
「監視カメラの種類と、どのように役立っているのでしょうか」をご紹介しました。
私達の生活で役立っていることは間違いありません。
その反面ですが、「プライバシーの侵害ではないか?」という批判には、常にさらされています。
しかし、犯罪を予防するためには監視カメラの設置は不可避な時代になっています。
テロが各国で発生している世の中です。
ますます、監視カメラのニーズは高まるばかりです。