防犯カメラと監視カメラ

防犯カメラと監視カメラはどのように違うの?

どちらも似たような言葉ですが違いはあるのでしょうか?
呼び名が違うから、どこかしら違いがあるのではないでしょうか?
今回は【防犯カメラと監視カメラの違い】について、こだわってお話します。
 
防犯のために使用するのが防犯カメラです。
実際に記録された録画を再生するときは、何か事件や事故などが発生した緊急のときだけに限ります。
防犯目的がありますから、どこに設置すれば、もっとも効果があるのかが大切です。
カメラの設置を目立たせることで犯罪抑制効果が期待できます。
 
犯罪者の特徴として周囲の視線を気にします。
こういった犯罪者の心理に注目して、近寄ることでライトが点滅するタイプのダミー防犯カメラを
設置していることもあります。
 
では、監視カメラはどうでしょうか?
こちらのほうは緊急時だけ見るのではありません。
常にリアルな映像を見られるようにセッティングします。
犯罪者をリアルタイムに発見することが目的です。
だから、こちらのほうは、カメラであることが分かると困るのです。
 
一般的に監視カメラは小さいです。
私達が直接そのカメラの存在を見ることができない場合が多いです。
防犯カメラにしても監視カメラにしても撮影する機種は同じようなタイプです。
違いを強いて言えば、監視カメラは首振りができるカメラです。
パンチルと呼ばれることがあるタイプですね。
そして、遠隔映像を監視できるネットワークカメラを使用することが最近は多くなってきています。
 
いかがでしたでしょうか?
防犯カメラと監視カメラの違いがご理解いただけたと思います。
どのようにカメラを使うのかによって違います。


防犯カメラと監視カメラ